Home > 業務内容 > 外壁劣化調査・下地改修工事

外壁劣化調査・下地改修工事

外壁劣化調査・外壁下地補修工事

外壁劣化調査

劣化調査・診断は建物の健康診断と言えます。
診断なくして、建物の適切な維持保全はなし得ません。マンション・ビルの適正な「長期修繕計画策定」の「核」となるものが「劣化調査・診断」なのです。

長期修繕計画に基づき、適切な時期に建物、設備、外構等の計画的な点検・修繕工事を行うことで居住性、安全性、利便性等を維持する事ができ、建物の老築化を防ぎ、延命につながります。

調査内容

調査内容1

外壁下地補修工事

遮熱塗料など、塗装工事を行う前に絶対に必要なのが下地の調整工事・補修工事です。

下地をしっかり施工できていなければ、どんな高性能の塗料を使ったところで性能は長持ちしませんし、塗装を行う意味もありません。

補修工事内容

株式会社サカモリ建装

堺市の(株)サカモリ建装では、外壁塗装工事や防水工事などを行なっています。